メインイメージ画像

最後の日は感謝の品を仕事場に持って行ったほうが良いのですか?

Q.転職先の仕事場がやっと決まったので、今勤めている職場を今月いっぱいで退職予定です。最後の日は感謝の品を仕事場に持って行ったほうが良いのですか?

A.必ずと言うことでは無いのですが、やっぱり今に至るまで面倒を見て下さっていた会社ですから最後は感謝の気持ちとしてお菓子等を持参すると喜んでもらえるのではないでしょうか。最後が肝心とも言いますしね。過去に同僚が退職した際は、大箱に入ったクッキーを持参してくれて気持ちの良い最後を飾っていました。こちらも彼女のこれからが良い人生であるようにと送ることが出来ました。

何より大切なのはあなた様の気持ちなのではないでしょうか。

Q.新卒採用していただきましたがこれからやっていけるのか考えてしまいます。

A.大学を卒業して就職先が決まったからとは言え、その会社で勤め先でずっと勤務し続ける義務はないのです。企業は世の中にたっぷりと存在しますから、他の会社に転職しても全然問題は無いと思います。就職できた会社が自分のスキルを使ってくれる業務とは限りませんから、現在の勤め先に不満があれば潔く転職活動すればいいと思います。

転職活動を何度もしていると、あなた自身の才能を成長させられる勤め先が見つかる事もあるのです。ジョブチェンジは自分自身のやる気をもっとも活かす事の出来る居場所を探し出せるものではないでしょうか。

Q.新卒で採用されましたが長く続けられるか心配です。

A.大学を出て就職できたからと言って、その会社で勤め先で定年まで働き続ける必要はないんですよ。仕事は世間にたっぷりと存在するのですから、他の職場に転職しても全然問題はないんです。

就職できた勤め先があなたのスキルを認めてくれる職場とは限らないので、現在の職場に不満があったらスッパリと転身すればいいのです。転身を繰り返していると、自分自身の能力を成長することができる職場に当たる事もありうるのです。転身はみなさんのスキルをもっとも活かす事の出来る場所を探し出せるものです。ものなのです。